しじみの貝がら

日々の生活に「ムダ」をお届け

【レビュー】是枝裕和監督『万引き家族』

先日、上映期間ギリギリ滑り込みで是枝裕和監督の『万引き家族』を見てきたので、感想を書いていきます。

 

【注意:以下ネタバレを含みます】

 

まず、一言。

とにかくムチャクチャ良かったです。

 

最近(といってもここしばらく見てなかったけど)、映画をよく見るようになり、基本は家で見るのですが、やはり上映中の作品は映画館で見たいということで、映画館にも通うようになりました。ただ、前評判や見てきた人々の感想を確認して「お、見てみたいな」と思い、わざわざ映画館まで足を運び、決して安いとは言えないチケット代を払ったにも関わらず、面白くない作品に出合ってしまうことがどれだけ多かったか!(映画の鑑賞料金の各国間での比較は次のサイトの参照ください。例として、アメリカは約800円、韓国は約700円、中国は約400円となっており、日本の約1500円がどれほど高いか分かりますね。ただし、北欧もかなり高いようです。日本の映画料金は世界一高い?海外の映画料金比較と市場の動向

ということで、映画館に通うことも考え物だなと思っていたところに、今回見た『万引き家族』です。ハリウッドのような派手さは無いし、何か強烈に感動することもない、淡々とした映画です。ただ、淡々としているからこそ、登場人物の微妙な心情をよく感じ取ることができるのかもしれません。最初は、邦画でかなり久々に「パルムドール」を受賞したそうで、それに乗っかって見てみたいというなかなかミーハーな動機でしたが、実際に見てみるとそりゃ何か賞受けるわけだな、と思いましたね。

 

以下では、記憶に頼ったとんでもなく曖昧なあらすじといくつかにシーンを絞った自分的見どころを紹介していきます。

 

あらすじ

万引きをして生計を立てている「万引き家族」があるとき、家の外に放り出されている少女をみかけ、自分たちの家にかくまう。少女はそのまま万引き家族の一員となって、日々を過ごしていく。駄菓子屋やスーパーでの万引き、セミ取り、そして海水浴。

万引き家族といっても、万引きだけで生きていけるわけではなく、みんなそれぞれ仕事についていた。「父親役」の男は建設現場へ、「母親役」はクリーニング作業場へ、「娘役」はライト風俗店へ。

あるとき、少女と「息子役」の少年はスーパーへ行く。このころ少女は既に万引きをする上での「おまじない」やテクニックなどの最低限の知識は身に着けていた。いよいよ少女が万引きをするとき、「息子役」は店員の気をそらすため万引きし、店員に見つかって追いかけられる。逃げ続けたが万事休す。とうとう挟み撃ちになりかなりの落差のあるところを降りて負傷し、捕まる。「父親役」や「母親役」はこの知らせを聞きつけて警察のもとへ向かう。この出来事をきっかけに「万引き家族」という偽りの家族は決定的な分裂へ向かうのだった……。

 

見どころ

・「娘役」のライト風俗店でのふれ合い

 「万引き家族」の「娘役」はライト風俗店に勤めており、鏡越しに間接的に客へ性的なサービスを提供しているのですが、ある客と懇意になり、直にふれ合えるサービスを行います。ただし、その客はただ何も喋らず彼女に膝枕をしてもらっているだけで、事情を尋ねてみると彼と彼女にある共通点が発覚します。結局それから特に何か起きるというわけではないのですし、その共通点について深く立ち入ることもないのですが、それがかえって視聴者の想像力を働かせるため、彼と彼女の悲しい境遇をそれとなく察し、感動しました。

 

・「父親役」と「息子役」の別れ

「父親役」は「息子役」が捕まった際、「息子役」を放ってその他の「万引き家族」と家から逃げようとしました。一連の事件が一応解決したあと、二人は再開するのですが、そのとき「息子役」に本当に自分を置いて逃げようとしたのかと尋ね、それに対して「そうだ」と答えます。そして、二人が別れのとき、「息子役」は自分も(この家族関係を終わらせるために)敢えて万引きをバレるようにしたと言って去ります。この二人のセリフはそのままのことを思って言っているのではなく、やはり本当のところは心がつながりあっていたと思います。ただ、彼らが再び家族となることは決して無いので、今までの関係を清算するため、どちらも冷たくあしらうのでした。あれほど深い絆に結ばれていたも家族になることはもう無いという意味ではバッドエンドなのですが、「息子役」は施設に入り学校にも通うようになり、他方、「父親役」は万引きから足を洗う?)という社会的にはハッピーエンドであるという、この複雑な終わり方が視聴後に、心地よいかどうかは分かりませんが、余韻となって、しみじみとさせられます。

 

・少女が取り戻した「日常」

少女は虐待されていたところを「万引き家族」に「保護」され、生活を共にしますが、最終的には「本当の家族」のもとへ戻ります。しかし、やはりまた元どおり家の外に放り出されて(?)、家の外で遊びます。少女の「万引き家族」とその後の生活についても、「父親役」と「息子役」の別れと同様に、「本当にそれで良かったのか?」という気持ちが視聴後にも残り、考えさせられ続けられるのでした。

 

・他にも、「母親役」が少女の保護(誘拐)の件で警察に捕まり、そこで「本当の母親になりたかったんじゃないの?」的な質問をされて涙するところに涙しました。

 

現在上映されている映画館はもうほとんどないかもしれませんが、本当に面白い(「面白おかしい」という意味ではもちろんありません)ので、気になっている方はぜひ視聴してみてはどうでしょうか?

スマブラの思い出:DX・X、そしてSPECIAL

最近話題になっているスマブラの新作「大乱闘スマッシュブラザース SPECIAL(スペシャル)」。

 

スマブラに関する思い出、情報を断片的に書いていこうと思います。

 

スマブラが好きでよく遊んでいました。といっても、DX,X以来プレイしたことありませんが…。ぼくの場合、そもそもSwitchをもっていないので、新作をプレイするにはハードから必要になるので、やりたいのはやまやまですが、んープレイするかなしないかな~という感じです。Switchのゲームはハードを持っていないぼくの耳にも入ってくるくらい超名作ぞろいのようで少しはプレイしてみたいんですがねえ。今回の発表で、持っていないひとでも「よし、買うぞ!」となってる人もいれば、ぼくのように未だ検討中という人もいるんじゃないでしょうか?

 

新作ではBGMやキャラがてんこ盛りのようでSPECIALの名を冠するにふさわしいスマブラとなっているようです。個人的に注目してるのはDXで登場したミュウツーがまた使えるとのことで、うおおおおおとワクワクしてきますね(と、調べてみると、すでに前作にてさらなる挑戦者として使用できたんですね)。

 

そういえば、Wifiで対戦できるようになったのはXからでしたっけ?

ぼくは基本的に友だちとプレイしていたのでほとんど利用したことなかったんですが、Wifiではラグがちょっと発生していて、集まってプレイするときとは違う感覚なんだな、と思い知りました。それと妙な荒らしがいて、野良で遊ぶのはあんまりオススメできないって感じだったんでしょうかね。

よく言われていることですが、ここ十年かそこらで大きくゲームのプレイスタイルが変わってきました。むかしは任天堂などの出すハードでオフラインでプレイするか、パソコンでオンラインゲームするかのどっちかで、どちらも傾向としてはガッツリプレイしていた印象。しかし、パソコンでのオンラインゲームは残念ながら最近はやや人気が衰えてきているようですね。その代わり、スマホでお手軽にプレイできるソシャゲが出てきた、ということでしょうか。パソコンのオンラインゲームもソシャゲも基本的に「作業」と呼ばれるような単調なプレイが求められますが、パソコンでのほうが(ジャンルに当然左右されますが)ゲーム特有のワクワク感を抱きながら遊べていました。一方、ソシャゲのほうは本当に作業という印象がありぼくには辛く、世間の人気に反して割と早くソシャゲはリタイアしてしまいました。

こうして簡単でゆるめのゲームに人気が集まってきている中(といっても、最近はPUBGだったり荒野行動だったり結構重そうなゲームも話題になってますけどね)、スマブラという、格闘ゲームとしては相当軽めなんでしょうが、みんなでワイワイ楽しめるゲームが注目を集めているというのは、さすが任天堂、さすが桜井政博、といった感じです。

 

結論として、ぼくとしては新作のスマブラをプレイするにはスイッチをまず買わないといけないので、実際にプレイするかは微妙なところですが、しばらくの間ゲームから離れていたのでまた何かちょこちょこプレイしていこうかなー、と思ってます(そういえば、steamでプレイしたいゲーム一覧を前に上げていたのに全然プレイしてなかった)。

 

それでは。

はてなブログの「カテゴリー」のグループ参加について

こんにちは。

 

最近わりと投稿してますよね?

 

このブログの記事も少しは増えてきたということで、数か月ぶりに記事のカテゴリー関連についてちょっとだけ見直しました。

具体的には2点。ひとつは、「日記/考察/その他」という長ったらしい名前を「雑談」に変更しました。多分これの方が、記事の内容的に的を得ていると思います。ちなみにこの記事も雑談です。こういう細かいブログの変更点とかは「お知らせ」というほどでもないしなあ、と。というか単なる記事数かせg……。そしてふたつめが、グループ参加するカテゴリーの変更です。はてなブログには記事のカテゴリー単位で「雑談」やら「アニメ」やらのグループに参加することができます。ただし、参加可能な数は上限があるっぽい?それで今回、随分と自分がそのグループについてかなりほったらかしにしていて、雑談カテゴリーがアニメのグループにはいっていたりと訳の分からないことになっていたので、

・雑談グループに雑談カテゴリー

・イラストグループにイラストカテゴリー

をちゃんと設定しました。ほかのカテゴリーについてはまた後ほど設定予定です。この作業をするにあたって、そもそもカテゴリーをこういうグループに登録するやり方ってどうすればいいんだっけ、と結構迷っていました。答えは、単にはてなブログの管理画面の「グループ」というところからできるわけなんですが、なんか「グループ」って響き的にブログの共同運営してる人向けの機能かと思ってすっかり無視しちゃってました。ちょっとややこしい。というわけで、なんとかグループ編集は変更できたんですが、そもそもカテゴリーをグループに登録することで何かメリットってあるの?と疑問に思いました。一応カテゴリーに属する記事が登録したグループに流れるようですが、はたしてはてなブログのそのグループからわざわざ見に行くひとってどれくらいいるんだろう、と思ったり…。まあ、といってもこれが一番のメリットというか機能でしょう。でも、これだけだといやらしい話、アクセス数的にはほとんど意味無いんじゃないかと思って、ちょっと調べてみました。するとどうやらグループ登録することでSEO対策というものになり、それがアクセス数アップにつながる?ようです。せっかくブログ書くならこんな駄文でも少しは覗いてもらいたいってことで、さっそく今日から全力で便乗してみます。また、グループは自分でも作成できるようで、そういうグループ間で交流できたらサークルみたいで楽しそうですよね。

というおはなしでした。

 

カテゴリーのグループ登録について参考にさせていただいたサイト

www.aritai.net簡潔に分かりやすく説明されています。「公式グループは最大3つまで登録出来る」とのことです。

 

i.sonota.bizべん

結構詳しく描かれています。参考になります。

 

www.teihengrammer.net実体験を書かれている方。勉強になります。

 

【ログ】お絵描き20180806

こんにちは。

 

前回からなんと1か月以上経ってしまいましたが、ログ更新します。といっても、全然Pixivにアップしてないんですけどね。

以前にどこかで言ったかもしれませんが、現在ペンタブの調子が悪くて、デジタルだと描きたいときに描けないという最悪の事態に陥っているため、最近はもっぱらアナログ(透明水彩)でお絵かきしてます。アナログのほうが「描いてる!」って実感が強くて楽しいのでむしろ良かったかも、と思ったり。まあでも、素早く数描きたい、短時間でクオリティの高い物を描きたいってなると、デジタルになるんですかねえ。ぼくはまだその域には遠く及ばないので、分からないですけどね。

さて、ぐだぐだ言ったところでスタートです。

 

 

【フィギュア17】「つばさ&ヒカル」イラスト/SHIJIMI [pixiv]

Pixivに上げた初の透明水彩作品。フィギュア17というアニメのオープニングのシーンです。

背景がアレですね。

このフィギュア17というアニメは本当に最高です。今まで見たアニメではトップクラスの面白さでした。感想については多くは語りません。百聞は一見に如かず、です。

 

【女の子】「冷やし中華はじめました」イラスト/SHIJIMI [pixiv]

kakooyoというアプリで描いた絵。意味不明ですね。

ときどきこのアプリで遊んでることがあるので、もし誰かよろしければ一緒に遊びましょう。

 

【苺ましまろ】「気だるげちぃちゃん」イラスト/SHIJIMI [pixiv]

苺ましまろ』というマンガもしくはアニメのキャラクターの「ちぃちゃん」(伊藤千佳)です。

この絵は、特に、OVA版のほうを参考にさせてもらってます。

アニメから入り、一気にマンガも最新巻まで読んでしまいました。

かわいいは正義!」というキャッチフレーズが有名な本作品ですが、ギャグもそれに劣らぬ面白さです。特に、最新巻になるにつれてギャグ要素が増えているような気がします。これは読者にとっては賛否両論かもしれませんが、ぼくとしてはこの方針はとても好きです。

「ちぃちゃん」と同学年の親友である「みっちゃん」がとんでもないキャラ、かつ苺ましまろの最重要キャラクターがいます。この「みっちゃん」はもはや、最近では苺ましまろという日常マンガ?を掻きまわすギャグマンガから来たようなキャラになっており、とても面白いです。

 

こう振り返ると、アナログにはアナログの味があって良いですね。

 

今回はこんな感じです。

また更新します。

激しい休日、はて奈の上下運動

なにも書くことが無いときの力強い味方、ブログネタ。

 

昨日の記事で言った通り、もうすぐでこのブログを始めて1周年を迎えます。

はてなブログには、自分のブログへのアクセス数がどれくらいあるかが分かる「アクセス解析」というページを、管理者(ブログ運営者)は見ることができます。

 

そして、この「アクセス解析」のページでは、毎日のアクセス数を視覚的に把握するための棒グラフが表示されるのですが、ここにある特徴が見て取れます。それが、「休日に激しく」なる「上下運動」(正確には「上」の部分)です。どういうことかというと、2018年現在、平日は20弱のアクセス数なのですが、休日(土・日)は20~30ほどに跳ね上がります。たかが10アクセス数程度で跳ね上がったとは言わない、なんてことは言わないように。そしてこれが毎週、程度の差こそあれ、同じようなパターンで現れます。

これは、要は、みんな「ネットサーフィンするか~」ってときは休日がほとんどであって、平日はつかれてそのままベッドでバタンキューってことですよね。まあ、現にこうやって僕が書いてるのも日曜日なので、「ああ、みんな同じなんだな…」と棒グラフを見ながらしみじみとしていました。

 

書いてるうちに日をまたぎました(0:02)。

 

それでは皆さん、おやすみなさい。