しじみのみそしる

アニメ・マンガ・ゲームを中心に

ツイッターとブログ

ひと昔前はネットの情報発信ツールといえばブログ!ということで、テレビでアメブロのCMなど見かけることが多かったかと思います
しかし現在ではブログというよりもツイッターが利用者数の点では優勢だという感が否めません

 

なぜツイッターはブログを追い越すこととなったか、散々挙げられているテーマかとは思いますが、ここで改めて自分なりに考察してみようと思います(ツイッターをこれから始めようと思っている初心者の方向けかもしれません。なお、主観が多く含まれてるのであらかじめご了承ください)

 

ツイッターの強み

1.簡単に情報発信ができる

 

ツイッターではアカウントさえ作成してしまえば、あとはボタンを押して発信したい内容を書いてツイートボタンを押せば即情報発信が可能です

 

2.基本的に短文でOK


最大140字までしか一度にツイートできないという仕組みが、まさに「ツイート(つぶやく)」感覚をネット上で疑似体験でき、1.の情報発信の手軽さを強化していると考えられます

 

3.広いつながり


ツイッターでは自分が相手をフォローし、相手からも自分をフォローしてもらえれば相互にツイート内容を確認することができます。しかもこのフォローするという作業はボタン一つで可能なため、どんどんフォロー&フォローバック(フォローを返してもらうこと)によってつながりを広げていくことができます

他にいくらでもツイッターの強みは挙げることができるかと思いますが、上の3点で主なポイントはおおよそ抑えられているかと思います
まとめると、ツイッターは「情報をたくさんの人に、はやく、手軽に発信できる」ということです。なんだか安い、早い、旨いみたいですが、こんな感じです

 


利便性のワナ


上のようにつらつらとツイッターの利点を挙げてきましたが、その利点ゆえのワナみたいなものがあると考えられます

 

その1つに文章の推敲をしそびれてしまうことがあります
たとえば、ボタン1つで、しかも短い文だからということで「これでいいか、ポチっと」との具合で情報を発信できてしまいます。これは便利な反面、文の内容を特に考えることなしに発信することにつながり、しばしば巷でもよく言われるような「炎上」が発生する原因にもなり得ます

 

そしてもう1つ、広いつながりを持てることには有名人との交流といったことも含まれます。これは素晴らしいことである反面、あらゆる自分の気になる人の情報を得るためにツイッターに「張り付く」可能性があります。これはSNSへの依存を高めてしまう一因になってしまうでしょう


以上のような利点とそれによるワナ、それは紙の裏表のようなもので切り離すことは難しいことです。そのため、ワナを乗り越えるためにはワナへの「対応力」とでもいうべきものが必要でしょう。ネットでのマナーやモラル、ネットリテラシー......と呼ばれるものを身につけないといけません(これはブログにも言えることですが)。と言っても、それらは一朝一夕でものになるはずがなく、一生を通じて身に着けていかなければならないものかもしれません


まあ、「習うより慣れろ」とか「考えるな、感じるんだ」とか言います。実際にどんどん触れていくことが大切なのかもしれませんね