しじみのみそしる

アニメ・マンガ・ゲームを中心に

マンガは紙書籍派?電子書籍派?

KindleKoboをはじめとする電子書籍リーダーの台頭...それに伴い、僕の意識も電子書籍のほうへ向けるようになってきました。

ただ僕としては紙書籍、電子書籍ともに(少なくともしばらくの間は)活用していこうと考えています。

今回は購入対象をマンガにしぼり、従来の紙書籍と電子書籍の利点と欠点を比較したうえで、どのような場合に僕はどちらを活用しているのかを内省していきます。

 

紙書籍の利点と欠点

 紙書籍にしかない特徴としては紙・インクのにおいや手触りを感じることができる、というのがよく言われているような気がします。なるほど、読んでいるものが物体として今手にあるという感覚は、無意識のうちに読書という行為にも影響を与えているのかもしれません。

また、紙書籍を保有するというのはそれだけで所有欲が満たされるという感じがしますし、実際好きな作家の本は結構紙書籍で購入していたりします。

さらに紙書籍には新品だけでなく中古という選択肢があります。予算が無限にあるのならそれに越したことはありませんが、現実はそうではないので、自分なりに新品と中古の購入に線引き(例えば、どうしても新品で読みたい!ほどではないけど、ちょっと読んでおきたいなと思った本は中古で買う、など)をして判断するのもアリではないかと思います。

 

ただ紙書籍には良い点ばかりではありません。欠点の1つが場所をとるということです。というか、これが紙書籍の最大の欠点だと思います。本の中でも特にマンガは1つの作品に性質上多くの巻数を重ねてしまうため、必然的に本棚を圧迫することになります。自身の部屋と相談して、紙書籍か(次に紹介する)電子書籍か選択することになります。

また、紙は日焼けや虫食いなどで劣化する点は、コレクションする際に大きな障害となってきます。

 

電子書籍の利点と欠点

 紙書籍の最大の欠点である「スペースの圧迫」を克服するのが、電子書籍です。電子書籍スマホタブレットをはじめとする端末1つに書籍をまとめて入れておくことができるので、場所を全然とりません。

しかも、紙ではないので劣化することがなく、データが消えたり画面が壊れたりしない限りずっとキレイに読むことができます。

また、紙書籍は(最近はAmazonをはじめとするネットショップにより購入であるものの)実店舗での購入が基本になるかと思いますが、場所によっては入手が困難な場合があります。しかし電子書籍の場合はネットショップ(のみ)で販売され、購入できます。場所による影響を受けずに読めるというのは大きな利点です。

 

しかしそんな利点ばかりに思える電子書籍にも、残念ながら欠点はあります。

紙書籍の利点である触感が無いこと、所有欲が(人によっては)満たされにくいことがまず挙げられます。ただ僕がより注目している欠点としては他に2つあります。

1つが販売日等の違いです。紙書籍が電子書籍より早く販売されるということはあっても、その逆はそうないかと思います。いち早く読みたいというときには結構これが辛い点です。

もう1つが価格です。ショップによってはポイント等でかなり安く買えることがありますが、基本的に紙書籍と同じか若干安い程度であり、ちょっと読みたいなと思ったときに(紙書籍でいうところの)中古を買うという選択肢がないというのは少し考えてしまいます。しかし、最近は試し読みが充実していたりするのでそうした問題は直に、あるいは既に解消され(てい)ることでしょう。

 

まとめ

ここまで紙書籍と電子書籍について考えてきました。振り返ってみると紙書籍と電子書籍はお互いに欠点を補い合っている、ということに気づきます。

自分の状況と相談して購入を選択することがより良い読書ライフを送るには必要、ということでしょうか。