次元の狭間で

最後の楽園、それはディスプレイの向こう側

ランス5D[あらすじと攻略]

[前回の記事(ランス10について)の更新から時間がしばらく経ってしまいましたが、ランス5Dクリアできたので書いていきます。

 

【以下、ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください】

 

ただ、ランス4、4.1、4.2はどうも自分のパソコンでは起動しなかったため一先ず置いておくことにしました。ただあてな2号やら微妙に新キャラや新設定らしきものが登場しているのでいずれやる予定です。

 

おおまかなストーリーですが、ランスとシィルは異空間に迷いこんでしまいます。その異空間には城があり、実はある秘密がありました。それは城の滞在者ラスト1名はその城から出られない、というものです。これが原因で、本作のヒロインの1人であるリズナは何十年もそこに幽閉されていました。ランス一行はリズナを救い出し、無事もとの世界に戻れるのか?

以上のようなストーリーにそってゲームは進んでいきました。プレイ時間は数時間といったところで2~3日あれば大体クリアできるかと思います。

 

ゲームシステムが特殊ですべての行動はサイコロで決まるため、運要素が多いですがある程度ならコントロールできるので大丈夫でしょう。本作ヒロインのリズナが「賽は投げられた」的な発言をするんですが、きっとこれとかけてるんでしょうね(今気づいた)。

 

やや攻略につまるところはネットを参照しました。僕からの攻略のヒントとしては、「2以外の目虫」を持っておいたほうが良いということ(そして目虫のある目には強い技を優先して配置しておきましょう)、

レベルアップにより技を得た際は同じ技名に重ねることで強化できるということ(例:攻撃01→攻撃02)(僕は終盤になってやっと気づきました…)、

強力な女の子モンスターをラスボスまでに確保しておいたほうが良いということ(詳細はネットで調べてもらえば色々出てきます)

です。以上の3点はスムーズに攻略していく際に結構重要なんじゃないかな、と思います。

 

リズナは暗い過去をもつキャラのため、ややシリアスになるところもありますが、ランスたちの繰り広げるガヤガヤした冒険(脱出劇)にアクセントを加えるもので最後まで面白くプレイすることができました。

また、毎度のことながらランスは最終的にハーレム状態となるのですが、そんな状況でもやはりシィルのことは何だかんだ目が離せないでいる描写は特に注目のポイントですね。