次元の狭間で

最後の楽園、それはディスプレイの向こう側

ランス6[Part 01][ミッション「マジック拉致計画」まで]

ランス5Dをクリアした勢いでランス6もやっちゃおうということで、現在進行中です。

ランス10のティザームービーの公開と今年冬発売が発表されましたね。できれば発売と同時にプレイしたいところなんですが、間に合うかな...

 

想像以上にランス6は骨太でメチャクチャ面白いです。ストーリーは毎度のことながら面白いですが、敵との戦闘システムも王道ながら僕的にはとても好きです。

 

この調子でプレイしてあとランス7,8,9が待っているとなると、ランス10にたどり着くまで1年くらいかかっちゃいそうです。なのでいっそのこと発売と同時にリアルタイムプレイするのは諦めて、じっくり一つずつ楽しんでいこうかなと思います。

 

【以下、ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください】

 

ランス6では、ランス&シィルはもちろんのこと、リーザスのかなみやパットン、カスタムのマリアや志津香、5Dの異空間(?)で出会ったコパンドンリズナなどお馴染みの面々が登場しています。まだストーリー半ばなので会ってないですが、他にも色々出てくるみたいです。

 

ランス6では戦闘にキャラが参加するとSPと呼ばれる戦闘可能回数が1減り、各キャラに割り当てられたSP値がなくなると、その突入しているダンジョンにおいて戦闘に参加できなくなります(SP値はダンジョンから脱出することで回復できます)。このシステムのおかげで、あまり強く無いキャラも常に戦闘に出したいキャラも等しくダンジョン攻略の役に立ってくれるので、モブキャラでさえ愛着が湧いてきます。

特に「いや、明らかに序盤でいなくなる(退場する)だろ...」と思っていたロッキー(というキャラ)がなかなか有用で、ストーリー的にもランス一行を引き立ててくれるなかなか味のあるキャラでお気に入りです。

 

今のところは山場というよりは、ゼス崩壊を企むレジスタンス「ペンタゴン」との対決がメインでひと段落ついたところです。そして現在「マジック拉致計画」のミッションに挑戦中で、今後一層ストーリーの中核へと迫っていくんでしょう。

 

続きが楽しみです。

 

またランス6についての記事は更新するかもしれません。