次元の狭間で

最後の楽園、それはディスプレイの向こう側

ランス6[Part 02][中盤突入編][おすすめキャラ]

【以下、ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください】

 

前回からしばらく日を置いてしまいました。

とうとうランスは、各々の考えが絡みあう中、ペンタゴンとの協力を受け入れ、ゼス崩壊に挑みます。

 

プレイしてて思ったんですが、ポンパドールって良いキャラしてますよね。これから始まる「祖国の開放計画」は彼女発案で、実質のところペンタゴンの裏の支配者のようなものじゃないでしょうか。変身というよりは変装なのに、全くバレずに人間界に入り込み、着々と任務を遂行していく...。(良いか悪いかは置いておいて)壮大な野望を掲げ、その実現に邁進するペンタゴンが、実は魔物の操り人形となっている、というのがなんとも皮肉です。

 

さて、実際に戦闘でつかってみて良いなと思ったのが、マリアと志津香のカスタム組とリズナです。

マリアの援護射撃というスキルを開放し、それからFRボーナスによりその発動確率を2段階アップ(Wikiによると60%)させたのですが、なかなか良い具合です。このスキルは味方が攻撃したときに確率でマリアも追加攻撃をする、というものなので、マリア以外の攻撃が2倍になっているような感覚なので敵がみるみる溶けていきます。スムーズな攻略には必須と言っても良いんじゃないでしょうか。

次に志津香ですが、彼女の魔法「局地地震」という全体攻撃スキルを取得後、FRボーナスでタメ無しにしました。すると、威力は際立って強力というわけではないですが、ザコ戦ではかなり有用なスキルとなり、これもスムーズな攻略に一役買ってくれています。ただ、志津香は行動順序が遅いので結局は少し時間かかってしまうんですけどね...。

最後にリズナです。彼女は序盤では前線での攻撃にかなり役立ってくれていましたが、中盤以降はどうやら補助的な役割でかなり強力なようです。彼女のスキルで「攻撃付与」というのが中盤にて獲得できます。そしてFRボーナスによりこれを味方全体にかかるようにします。すると味方の攻撃の底上げにつながります(ただし、志津香のような魔法攻撃にはプラスにならないようです)。そもそも前述のマリアにより攻撃が2倍になっているようなものなのに、そこに更に攻撃力が上がるわけです。とんでもないですよ。

 

というわけで、前回のPart 01からはあまりストーリー上は進めていないんですが、ランスご一行の超パワーアップができました。

これからはゼスの魔法使いたち、更には魔人との戦いが始まるということでしょうか、楽しみです。