しじみの貝がら

日々の生活に「ムダ」をお届け

ランス6[Part 03]:本編クリア編&攻略情報

【以下、ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください】

 

前回(ランス6[Part 02][中盤突入編][おすすめキャラ] - 次元の狭間で)からかなり間が空きましたが、とうとうランス6の本編クリアしました。今は挑戦モード中です。

 

ペンタゴンの野望は潰えたものの、マジノラインの魔物の侵入を防ぐ設備が破壊されたため、ゼス側に魔物が押し寄せ、ゼスは首都機能を放棄。ゼスは大パニックに陥ります。そこでランス一行の出番。防御設備の復旧と魔物を指揮する魔人カミーラとその使徒たちの打倒に挑んでいく、というのが終盤の流れです。

 

終盤はステージではなく、出撃からいきなり連戦という展開がいくらかあり、結構サクサク進みます。ただし、最終ステージである「マジノライン」(序盤~中盤でも行きましたね)はなかなかの長丁場でした。全体的にザコが強く、SP温存のためにランス1人でステージ内を移動していると「不意打ち→死亡」というパターンに陥ることが多かったです。こまめにセーブをおすすめします。ここまでくると自分の戦闘スタイルというものができてきていると思うんですが、基本的にステージ巡りはランス1人で行い、ボスや強敵の前に全力で戦えるようパーティを編成するようにしておくと、長い間ステージに滞在できます。

 

以下にラスボス挑戦時の各キャラのレベル等紹介します。

ランス:53レベル

おすすめスキル:ランスアタック(マヒ付与)(高威力な上にマヒ付与。主人公にふさわしい性能です)

シィル:51レベル

おすすめスキル:回復の雨(ヒーリングと使い分けましょう)

かなみ:40レベル

おすすめスキル:手裏剣(マヒ付与してくれるので強いです)

マリア:45レベル

おすすめスキル:援護射撃(自動で発動)(攻撃の底上げに)

志津香:49レベル

おすすめスキル:局地地震(ザコ処理に)

カロリア:46レベル

おすすめスキル:硬質変化(無敵!ボス戦必須)、毒針、自己再生(自動で発動)

リズナ:47レベル

おすすめスキル:乱舞(あまり使わなかったですがかなり強いです)、攻撃付与(全体化)、魔法付与

ロッキー:46レベル

おすすめスキル:戦術的撤退(最後の方は専ら「逃げる」ために使ってました)

カオル:33レベル

おすすめスキル:(途中復帰のためレベルが低く、あまり使いませんでした...)

リック:52レベル

おすすめスキル:バイラウェイ(1ターン待ちの全体攻撃。強すぎです)

パットン:49レベル

おすすめスキル:味方ガード(強敵やボスと戦う時は必須)

セル:46レベル

おすすめスキル:回復の雨

マジック:49レベル

おすすめスキル:電磁結界(1ターン待ちの全体攻撃で、ザコ処理に使えます)

ウルザ:48レベル

おすすめスキル:ボウガン連射(ザコ処理に)、精密射撃(マヒ付与でボス・強敵戦必須)、攻撃戦術・防御戦術(自動発動)(パーティの底上げに)

サーナキア:37レベル

おすすめスキル:攻撃戦術・防御戦術・魔抵戦術(自動発動)(パーティの底上げに)

アレックス:50レベル

おすすめスキル:エンジェルカッター、光爆(前者は1列攻撃、後者は全体攻撃)

 

 

才能限界の関係からレベルが低いキャラがいたりしますが、意外といけました。

ラスボスはランスとシィルだけで挑まなければいけないので、それなりに育てておいたほうが良いです。僕の場合はかなりギリギリでした。

他に、ボスや強敵戦で役に立つのは、志津香・リック・マジック・アレックスといった全体攻撃持ちのキャラです。特にリックやアレックスは高威力で攻撃出来てかなり有用です。アレックスはSPも相当高い部類(SP10)ですし。

あと当然ですが、シィル・セルといった回復持ちキャラは外せません。全体回復は無いと勝てなかったと思います。

リズナ・ウルザ・サーナキアといった強化系の技をもつキャラはパーティの底上げになり、敵にかかわらずオススメです。

ボス戦で別格に強いのが、カロリア・ウルザのマヒ付与攻撃持ちキャラです。どちらもSPが低いのが玉に瑕ですが、まあボス戦以外は極力出さないようにすればいいでしょう。敵が攻撃できないようにするマヒ付与は本当に強力で、ボスの強力な攻撃を(たとえ1ターンでも)受けずに済んで助かったことがどれだけ多いことか...。

あと、パットン(とロッキー)の味方ガードも何かと外せませんね。

前回べた褒めした援護射撃持ちのマリアですが、リックやウルザ、アレックスといった強力キャラの加入により、相対的に弱く感じてしまいました。あと、後衛だから攻撃を受けることは少ないものの防御面で不安があるのも辛いところです。愛で乗り越えていきましょう。

 

 

ストーリーについて。

魔人側の話が時々展開されますが、魔人カミーラの、ラインコックをはじめとする使徒たちへの愛は心打たれるものがありました。そりゃ使徒たちもカミーラのために命懸けて戦うわけだよなぁ、と。

あと、最後のうし車の上でのランスとシィルの会話はほのぼのとしてて好きです(内容は下心満載な感じでしたが)。

 

 

今は挑戦モードに入ったところで、まだまだかなり遊べそうです。本編が終わり、いよいよ戦国ランスに入っていきたいところなんですが、止めどころがみつからないというのは贅沢な悩みですね。

ランス6についてはまだもう少し更新していくかもしれないです。

 

ちなみにツイッターSHIJIMI (@shijimi_san) | Twitter)してるので、もし興味ある方はフォローしていただけると嬉しいです。