次元の狭間で

最後の楽園、それはディスプレイの向こう側

ぼくの思考整理術

こんにちは。

タイトルには「思考整理術」なんて大仰なことばを書いちゃいましたが、要はぼくが「これはいい!」と思って実践している、アイデアの書き出し方についての記事です。

 

結論から言うと、僕が実践しているのは次の三点になります。

1.(普通の)メモ書き

2.TODOリスト

3.マインドマップ

 

それぞれ特有の利点と欠点があるため、適宜使い分けています。

それでは、個別に見ていきましょう。

 

1.(普通の)メモ書き

これは普通にメモを上から下へ書き連ねていく方法です。

やはり一番単純な方法なため、ふと思いついたこと、忘れてはいけないことを記録する際に向いています。また、この普通のメモ書きは1~3の方法の中でおそらく最もアナログ(手書き)の相性が良いため、枕元にメモ帳と鉛筆を置いておくことでサッと思いついたときに書き留めることができます。

 

2.TODOリスト

色々とスマートフォンのアプリでも出ていますよね。これはアナログ的な使い方もできますが、現代の日常生活には欠かせないスマートフォンをはじめとするデジタル機器との相性が比較的良いと思います。これは主に買い物リストや「しないといけないこと」リストとして利用しています。また、「しないといけないこと」でも特に「すぐにしないといけないといけないこと」と「後でしてもよいこと」、つまり短期目標と長期目標で別のTODOリストを作ることで、すべきことに見通しをつけることができます。色々と雑用の多いこんにちでは、こうしたリストの作成は少しでも頭の負担を軽減するためには重要なんじゃないかな、と思います。

 

3.マインドマップ

マインドマップは上の2点に比べてやや知名度の劣る思考法(ツール)かもしれません。これは、色々な事柄同士を線でつなぎ関連付けていく方法のことです。と書いてもピンとこないと思いますので、「マインドマップ」で調べてみてもらえれば「ああこれのことか」と分かるでしょう。このマインドマップは1~3で最もデジタル(アプリ)との相性が良い思考法だと思います。というか、アナログでは面倒過ぎてやる気が失せてしまいます。これは、最初に記した通り、頭の中の思いつき同士を関連付けられ、そして発展させていくことができるので、創造的な作業に向いています。創造的と言っても、クリエイターの人向けというわけではなく、誰でも有効に活用することができる方法です。例えば夕食は何にしようかという段になって、漠然と肉料理と思い浮かべたとします。するとそこから派生させてハンバーグ、肉じゃが、からあげ…といった風に書き出していきます。からあげから、さらに派生させてチキン南蛮もあるな、とどんどん派生させていくことで料理のレパートリーを増やしつつ、それを記録させられます。こうした発想の方法にはマインドマップがとても役に立ってくれるので、1~2の方法には使用頻度では劣りますが、ここぞという場面ではとても頼もしい方法です。

 

1と2はかなり浸透した方法ですが、それに比べて3はあんまり…と僕は勝手に思っていたので、マインドマップについて重点的に紹介してみました。

是非試してみてください。

 

それでは。