しじみの貝がら

テキトーブログでこんにちは

文房具のこだわり [シャーペンとボールペン]

みなさんは文房具にこだわりはあるでしょうか?

 

ぼくの場合、定期的に文房具熱が加速してます。

文房具といっても価格は本当にピンキリで、下は数十円から上は数十万までこだわりだすとキリのない世界です。

ぼくは特別高級なものに興味があるわけではなく、安くて実用性のあるものを重視しています。

文房具なのでやっぱり、ペンの場合だと書き心地とか、使いやすさが肝心だと思ってます。

 

そこで今回は文房具の中でも、シャーペンとボールペンについて考えていきます。

 

まず、シャーペンについて。

シャーペンはメモ書きなどでつかいます。なので、デザイン性とかよりは専ら使いやすさを重視してます。

そこでおすすめしたいのが、「ドクターグリップ」です。

ドクターグリップはほとんどの人が使ったことあるでしょうし、名前は少なくとも知ってるでしょう。

このシャーペンの最大の特徴は太い軸とグリップです。

ぼくの持ち方だと太い軸のほうが良いようで、とても相性が良いです。

また、いろいろな柄が出ているので、実はデザイン性もあります。

以前はいわゆる製図用シャーペン(たとえば、グラフギア500とかグラフ1000)を使ってたんですが、あくまで僕の持ち方では、相性が良くなかったみたいで、普段使いのシャーペンとはなりませんでした。

ただ上に挙げた製図用シャーペンはレビューとかみてもかなり評価が高いので、一度気になる方は使ってみても良いかもしれません。

 

次はボールペンです。

ボールペンもメモ書きとかで使うことがありますし、それに加えて手紙や書類への記入には欠かせません。

そうした紙に書くときに字がかすれたらイヤですよね。

なので僕にとっては、とにかく「インクがスムーズに出て、かすれないこと」が最優先事項になります。

そこでぼくがおすすめしたいのが、「スラリ」です。

このボールペンは説明によると水性と油性の良いとこどりをしたエマルジョンインクというものが使われているらしく、水性のなめらかさと油性のクッキリとした濃さが合わさっているような印象があります。

実際とてもなめらかで線がとぎれません。

僕の書き方だと、ふつうのボールペンでは結構線がとぎれがちだったんですが、このスラリだと大丈夫でした。

スラリは比較的メジャーで、文房具屋とかでも普通に売ってると思うんですが、それでもその名が完全に知れ渡っているわけではないような気がするので、もっとみんな使ってみてもいいのになと思います。

ボールペン、とくに油性ボールペンで最も有名なのは「ジェットストリーム」でしょう。

これもやはり使い勝手が良いです。

ただ僕の場合は、長く書いていると線がとぎれがちになってしまいました。

水性ボールペンでのおすすめは「シグノ」、「サラサ」あたりでしょうか。

どちらもサラサラ感に特化した感じで、滑らかさはボールペン随一だと思います。

 

最後に多機能ペンについてちょっと考えるところがあるので、書いておきます。

多機能ペンとは、黒、赤、青、緑、・・・といった具合に多色のボールペンが一体になっているもので、シャーペン機能がついていることも多いです。

消しゴムがついていたり、スマホタブレットなどのタッチペンとして使えるものもあるようです。

多機能ペンはこのように種類が様々で、文房具屋でもどれにしようか悩んでしまうことが多いかと思います。

多機能ペンの選び方はなんといっても、「自分にはどの機能が必要か」を考えることに尽きます。

たとえば僕の場合、基本的にボールペンの色は黒と赤で、それにシャーペン機能しか使いません。

黒はスケジュールや書類への記入、赤は訂正や強調のため、シャーペンはそれ以外のときに使う、といった具合です。

このとき青や緑の色など可能な限り多機能を目指すというのも、多機能ペンならではのことなのでアリかと思います。

ただ、あくまで今までのテーマとしてきた実用性を重視するならば、必要のない機能を満載にしておくのは、色の切り替えの際にほかの色を間違って出してしまったりと、色々面倒なことになることがあります。

一回一回はわずかなことでも、それが毎回続くと結構効率が悪いです。

まさにちりつも。

 

今回は主に「実用性」を中心に考えてきました。

この方針は、文房具があくまでも道具であるということを考えるとそこまで間違ってはないかと思います。

ただ実用性も大事だけど、やはりデザイン性とかも欠かせないという人も多いでしょう。

また僕の場合のように、一般的に人気のある商品だけど自分にとっては使いにくいという経験を持っている方もいるでしょう。

そんな場合はいろいろと冒険してみて、自分と相性の良い文房具を探してみるというのも楽しいと思います。

 

この「文房具」ってテーマはまた更新することがあるかもしれないです。