しじみの貝がら

テキトーブログでこんにちは

【レビュー】ファンタジーライフLINK!【3DS】【パート2】

前回の記事

shijimi-no-misoshiru.hatenablog.com

 

前回の記事で、ファンタジーライフLINK!という3DSのゲームに少し触れたんですが、それからひたすらやってて、とりあえず一区切りついたところなので更新。このゲームをご存知の方に向けて言うならば、本編クリア後のとある島に到着したあたりです。

 

前に紹介したメイドインワリオ・ゴージャスはプチゲーム主体で、ストーリーはあってないようなものなので、ほんの数時間でエンディングを見ることができます。が、このファンタジーライフは確かに本編はクリアしたものの、実際のところはまだまだ序章に過ぎず、これからがやっと本番という感じです。

 

そこで今回は実際のプレイを通して、このファンタジーライフがどんなゲームなのかについて、ほんのさわりの部分だけ紹介したいと思います。

 

このゲームではライフ[職業のこと]は大まかに分けて3つあります。つまり、戦闘職、採取職、生産職といった具合です。それぞれ互いに絡み合っているので、どれが特に重要と言うのはさけるべきかもしれませんが、何をするにしても冒険中には妨害してくるモンスターが存在するので、自分としてはやはり戦闘職が要にくるんじゃないかと思います(念のため言っておくと、このゲームはほぼ戦闘することなしに本編をクリアすることも可能であり、そういうプレイスタイルももちろんあります)。

そして、その戦闘職として、ぼくは傭兵というライフを選択しました。傭兵とは大剣でガンガン攻撃していくライフのことで、とあるWikiによると中~上級者向けとあります。攻撃モーションがゆったりとしているので敵の攻撃は避けづらく、盾などもないですが、防御力は高めなのでポーションをがぶ飲みさえすれば今のところは切り抜けられています。その他の戦闘職としては、王国兵士[片手剣+盾]、狩人[弓]、魔法使いがありますが、プレイしたことないので詳しいことは分かりません。傭兵でひとまず満足いくところまでいったら、次は王国兵士を使う予定です。

あ、言い忘れていましたが、このゲームはデメリット無しで他のライフへ転職することが可能です。それに、転職しなくても、使用中のライフ以外の職が専門とすることも一応できます。ただ、何かを専門的にしたい場合、その都度転職して使用するほうが良いです。

 

で、これまでライフというシステムについて説明してきたわけですが、これはファンタジーライフのまさに根幹であり魅力にあたる部分です。なぜかと言うと、このファンタジーライフは、言ってしまえばMMORPGライクなゲームなんですが、そのMMORPG感をもちつつオフラインでのんびりマイペースに楽しめるからです。「いや、RPGはやっぱりオンラインでしたいんだよ!」ってひとももちろんいるでしょう。ただ、MMORPGの場合、面倒な人間関係ができたり(これはオンラインゲームの醍醐味でもありますけどね)、1つの役職で精いっぱいだったりってことがあるかと思います。この点、ファンタジーライフは、LINK版だとオンラインもできますが、基本的にオフラインで楽しめるようになっています。なので、人間関係に煩わされたり、ほかの職もしたいのに余裕なくてできない、なんてことがありません。つまり、オフラインゲームとオンラインゲームの良いとこどりをしたようなゲームがこのファンタジーライフってわけです。そして、見事に(まんまと?)僕はその魅力にとりつかれてしまいました。

ちなみに、以上の理由から、オフラインのゲームしかしたことけどオンラインに興味がある人や、その逆の人にとって、架け橋となるゲームとしてもオススメです。

 

興味がある方はプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

 

次回も更新するかもしれません。その場合はもっと踏み込んでプレイヤー向けに書いていく予定です。