しじみの貝がら

テキトーブログでこんにちは

【感想】ジェームズ・ホエール監督の映画『フランケンシュタイン』

映画『フランケンシュタイン』をみた。

この映画は1931年に製作され、監督はジェームズ・ホエールである。

 

以下、ネタバレ注意!

 

フランケンシュタインというのは主人公である科学者の苗字であって、あの誰もが知るあの怪物の名前ではないというのは、それなりに有名なことだろう。

 

この映画をみたときまず思ったのは、「ああ、あの怪物のイメージってこの映画が元ネタなのか」ということである。

つまり、あの額の出っ張った顔面、後頭部のあたりにささった大きなボルトのようなもの、あの独特の歩き方……

 

あの怪物は名前すら与えられなかった。

生命の創造をもくろむ科学者によって身体のパーツをつぎはぎされ生み出された存在だ。

怪物が生み出されるにあたって、用いられた脳が凶悪な犯罪者のそれであるのが原因か、非常に凶暴な性格であり、腕力も強い(主人公の科学者が意図的に剛腕にしたのかはわからないが)。

 

最終的に怪物はリンチに近い形で葬られ、主人公たちには半ば強引なハッピーエンドを迎える。

しかし、個人的にはあの怪物が純粋な悪の存在であったかは疑わしい。

というのも、物語中盤から終盤にかけて、怪物は少女と出会うシーンがある。怪物は少女から花をもらったり、花を池に投げ込めばボートのように浮かぶことを教えられたりする。そこで怪物は見よう見真似に少女自身を池に投げ込んでしまう。その結果、少女は溺死してしまう。

しかし本当に悪の存在であったなら、博士たちを襲った仕方で力に任せて殺めてしまうこともできたはずだ。

それを、怪物はほんのひと時であるが花をもらって喜んだり、花の匂いをかいだりする。

つまり、まだ善悪の区別がつかないために、結果的に少女は死んでしまったが、怪物自身は悪事を働こうと思っていたわけではないのではないか。

 

90年ほど前の作品にも関わらず、考えさせられることが多く、見ごたえバツグンな作品だ。

もちろんカラーですらないし、画質も今日の映画に比べるとはるかに劣る。

しかし、今日の映画には最新の技術を駆使して製作されているにも関わらず駄作としか言いようのない作品は少なからず存在している。

そうした小手先のテクニックは映画に本質的なものではない、と教えてくれる映画でもあった。

 

時間も短いため気軽にみられる。

オススメ。

レモンと酢を飲んで健康を意識してみた

すでにブログに書いたが、最近なんとなく健康を意識している。

といってもガチでマジな健康マニアからすると鼻で笑われるような大したことのないモノだけど。

例えば、1食に食べる白米を減らすなどしている。

その関連で、これまたブログに、もずく酢が美味しい云々ボヤいたが、今回も酸っぱいものシリーズである。

 

巷では、キレートレモンや飲料用の酢がスーパーにて陳列されていることも分かる通り、レモンや酢は健康食品として推されているようだ。

これら効能については他のサイトで散々紹介されているし、ぼくは別にそういう食品に関する専門家ではないので割愛する。

効能云々は置いておいても、実体験としてキレートレモンなどを飲むと元気になるような感じがする。

もしかするとプラシーボ効果的なものかもしれない。

ただ、確実に言えるのは、レモンや酢といった酸っぱいものを食べるとリフレッシュできる、ということだ。

レモンは、食事会で出た唐揚げなどに勝手にふりかけることには論争があるが、さっぱりいただけるということには変わりない。

酢は、ラーメンにまわしかけるとスープがさっぱりする上に独特のコクが出て美味しい。ラーメンと酢の組み合わせは意外と思う方もいるかもしれないが、試したことがない方はぜひ一度試してみてほしい。

 

このように普通、レモンや酢は調味料的に用いられることが一般的な気がする。

その一方でレモンや酢はドリンクとしても売られている。

確かにドリンクのほうが直接的に多く摂取できて効率がいいだろう。

ただ、毎回毎回そうしたドリンクを買うことは手間だしコストもかかる。

それなら自分で作ってしまえば、そうしたデメリットを解消できると気が付いた。

 

レモンのドリンクと言えばレモネード。

酢のドリンクと言ってもパッと思いつかないが、まあレモネードのレモンを酢に置き換えたらいいだろうという安易な発想で、ほぼ同じレシピを採用した。

レシピは次のとおりである。

 

レモネード:

レモン100%果汁 大さじ2杯

はちみつ 大さじ1杯

水 155ml(レモン果汁、はちみつと合わせて200mlになるように)

氷 適量(好みの量で濃度調整)

 

はちみつ酢ドリンク:

リンゴ酢 大さじ1杯

はちみつ 大さじ1杯

水 170ml(リンゴ酢、はちみつと合わせて200mlになるように)

氷 適量(好みの量で濃度調整)

 

どちらも酸の強い液体なので直接飲むと身体にさわるため、最低限度薄める必要がある。

具体的で正確な希釈に関する情報は他サイトを参照していただきたい。

 

レモネードに関しては、自分のレシピだと正直レモンの風味が全面に出すぎている感じがする。本来ならもっとはちみつを入れて、はちみつの甘味をより感じたいが、やはり糖分を取りすぎるのはいけないだろうということで、このレシピを採用している。

 

はちみつ酢ドリンクに関しては、酢のなかでも特にリンゴ酢を用いる。

さすがに穀物酢をドリンクにするのは抵抗があったためだ。

それに自分の最寄りのスーパーでは、穀物酢に次いでリンゴ酢が安価である。

他にも黒酢などいろいろな酢が販売されているが、毎日摂取したいものなので、できる限りコストは抑えたいため、リンゴ酢を選んだ。

 

ここからはこれらを飲んでみた経験談を少しだけ書いておく。

またこれらのお手製ドリンクを飲み始めて1週間弱(朝にはちみつ酢ドリンク、夜にレモネード)になるが、なんとなく以前より元気に生活を送れている気がする。

朝に飲めば「さあこれから1日頑張ろう」という気になれるし、夜に乗れば一日の疲れが取れる気がする。

単なる気のせいかもしれない。

まあそれはともかく、水分補給兼おやつとしてもなかなか優秀なドリンクだ。

1日にはちみつ大さじ2杯も摂取して大丈夫なのかという不安があるが、毎日市販されている清涼飲料水を飲むよりははるかにマシだろうと信じている。

 

「なんかジュース飲みたいけどわざわざ買いに行くのもアレだしなあ」というときに気軽に作れるためオススメ。

ぜひ一度試してはいかが?

【感想】モーガン・スパーロックの『スーパーサイズ・ミー:ホーリーチキン!』を見てみた

モーガン・スパーロック(Morgan Spurlock)の『スーパーサイズ・ミーホーリーチキン!』(原題:Super Size Me 2: Holy Chicken!)をみた。

この「スーパーサイズ・ミー」シリーズは原題どおり本作で2作目となる。

ここでは、『スーパーサイズ・ミーホーリーチキン!』(以下、省略して『2』)について大まかなあらすじとちょっとした感想をしるしていく。

 

以下、ネタバレ注意!

 

モーガン・スパーロック監督のてがける『スーパーサイズ・ミー』シリーズは、作品内でファーストフードにかかわり、その様子を記録しつつファーストフード業界を批判していく、いわゆるドキュメンタリー映画だ。

ファーストフード業界の暗部に大胆にせまっているため、ふつうなら作品内は不穏な空気が終始ただよいそうなものだ(実際、現実をとりあつかう以上そういう場面もすくなからず存在する)。

しかし、あくまで監督はユーモアをもって皮肉るため、腹をくくらないとみられないというわけでは決してない。

だからといって、テーマを軽々とした気持ちで扱っているわけではない。

この、社会問題に対して真剣に向かう姿勢と、監督自身のもつ良い意味での軽さが絶妙なバランスを発揮しているのが、本シリーズの特徴だと思う。

 

さて、これから映画の中身に入っていく。

『2』では、スパーロック監督自身が前作(『スーパーサイズ・ミー』)にて批判したファーストフード業界に参入することで、業界の現状を、身をもって体験していく。

 

『2』は主に2つのパートに分けられると思う。

1つがファーストフード店をおこすための準備パート、もう1つが食肉用の養鶏場の運営パートだ。

 

ファーストフード店の準備を行うにあたって、まず、ファーストフード業界全体の前作『1』以降の変化が指摘される。

その変化とはつまり、健康志向である。

しかし、実際にはその健康志向が表面的であり、本質的な変化は特にないという。

なぜ健康志向が表面的であるかというと、ファーストフード業界は自身の商品がヘルシーであることを示すために、言葉のあやであったり、雰囲気の演出にのみ走っているからだ。

作品内で挙げられる例として、たとえば、「クリスピー」という言葉がある。

「クリスピー」とは本来さくさくとした食感を表現されるために用いられる言葉である。

しかし、ファーストフード業界では「フライ(ド)」、つまり揚げ物に対して用いられるという。揚げ物(フライ)というと、油をたくさん用いた不健康そうな食べ物という響きがある。しかしクリスピーというと、揚げ物というよりも食感のほうに焦点を当てた表現であるため、食品の美味しさという面が強調され、消費者のウケが良いということなのだろう。

スパーロック監督はファーストフード店を開くにあたって、そうした、ファーストフード業界が暗に用いている見かけをよくする表現、いわゆるダブルスピーク的な用法を皮肉り、逆にそうした表現を大胆に用いる手段をとる。

こうした例をはじめとして、スパーロック監督は各分野の専門家にファーストフード店運営の相談をもちかけ、うわべだけの健康志向を徹底的に追及していく。

この追及の過程で、最初は真の健康志向を目指していたはずが、段々、消費者をだますためにファーストフード業界の用いる巧みな手段に転換していくさまが、見ていて楽しい。

 

『2』のもう1つのパートとして、養鶏産業がある。

スパーロック監督はファーストフード店の運営にあたって、自ら養鶏場の運営も行おうと考える。

僕としては最初、『2』は『1』と同じくファーストフード業界の批判に終始するかと思って視聴したため、「ファーストフード店を運営するためにここまでやるか?」と感じた。

しかし、ずっと見ていくにつれ、ファーストフード業界、ひいては食品業界全般と養鶏産業が密接に関係していることや、養鶏場の運営者の悲痛な思いがひしひしと伝わってくる。

『2』が取り上げる題材として妥当だし、取り上げなければならない社会問題だと感じた(といっても本作はアメリカを舞台にしており、日本とは分けて考える必要はあるだろうが)。

長年の育成選択により通常の鶏の何倍ものスピードで成長し、自身の脚を壊すまでに肥大する食肉用鶏、「放し飼い」という食肉に対する表記が実はほとんど意味がなくイメージとかけ離れていること、養鶏場運営者が彼らを束ねる組織に搾取されていること、養鶏場運営者の涙、エピローグ的に語られる、終わらぬ厳しい現実…。

これらの事実が作品を通して突き刺さる。

視聴者としては日々の生活の裏方を支える人びとのことについて再考する機会となった。

 

これらが、『2』の大まかな内容だ。

スパーロック監督の作品は批判ありきだという声もあるかもしれない。

しかし、本作品が描いているのは真実の一側面であることは確かだ。

視聴者としては、この作品自体を批判的に摂取することが、本作品の楽しみ方であるし、社会との健全な向き合い方となるだろう。

【感想】もずく酢はおいしい

最近は健康的な食生活を意識している。


一応、ネットは「あれがいい」とか「これがいい」みたいにして紹介されているネット記事を参考にはしてる。でも、正直なところ宣伝的な記事も多いし、どれほど参考になるかはわからない。ただ、塩分とかは多少気にするようになったかな、というていど。

 

そういうあいまいな健康志向から、最近は酸っぱいもの、具体的にはレモンや酢に注目するようになった。
たしかに、以前からレモンに多く含まれているというビタミンCを取ると元気になるような気がする。もちろん、サプリメントで摂取すればいいじゃないかという考えもあるけど、サプリメントで手早く摂取するくらいなら、食べ物からしっかり栄養をとりつつ、おなかを満たしたい。
こういうわけで、酸っぱい食べ物をちょくちょく探し始めた。

 

と、最近健康を意識するようになったことを長々語っておいてアレだけど、実は今回取り上げるもずく酢はそれ以前からちょくちょく食べて(飲んで?)いる。別に手作りでもなく、単にスーパーに売っている3個か4個カップに入っている、海鮮コーナーによく陳列されているアレを。

 

話はそれるが、自分のなかで食べ物を選ぶ基準として、「安くて手軽」というのを最優先してる。「安い」というのは個人的で家計的な事情で、もちろん高くて高品質なほうがいいだろうとは思う。「手軽」というのはやはり毎日3食(1日1食だけとか2食だけという人もいるだろうが、ぼくは空腹に耐えられない…)もある食事のことだから、できる限りラクに食事をとりたいからだ。そういう意味では、最近意識している「健康」というテーマは二の次になってしまっている。

 

で、本題のもずく酢だが、そういう経緯から改めて手に取ってみたというわけ。実は昔は、もずく酢のことは酸っぱくて正直好きじゃなかった。でも少し前に改めて食べてみると、単に酸っぱいだけじゃなく、出汁が効いていて味に深みがあることに気付いた。
それに加えて、納豆やおくら、なめこのようにぬめりがある食べ物が好きな自分にとっては、もずくはたまらない。
価格的には3カップで100円~150円ほどで経済的。
健康面に関しては、1カップあたり塩分が1グラムほど含まれているようなので、減塩を最優先している人にオススメできるかというと微妙だが、これから暑くなること(執筆時5月)を考えると、塩分補給として美味しく食べることができていいのではないか。
とある記事によると、もずく酢に含まれるもずくには、
・ダイエット効果
・美肌・エイジングケア効果
・美髪効果
・腸内環境を整える
の5つが美容効果があるとしている。くわしくは下記の記事を参照。
https://www.cosmeland.jp/column/175.html

 

そういうわけで、もずく酢はオススメ。

【感想・レビュー】トッド・ブラウニング監督のフリークス(怪物園)

少し前になるが、トッド・ブラウニング監督の『フリークス』(あるいは、『怪物園』)を見てみた。

この映画はいわゆる「カルト映画」として紹介されることもあるようで、自分がこの映画の存在を知ったのも多分そういう類の紹介からだと思う。たしか、雑誌『映画秘宝』のカルト映画特集で知った。


そこで、今回はこの『フリークス』についてあいまいな記憶をたよりにゆるく感想を書いていく。


以下、ネタバレ注意!

 

【はじめに】
Yahoo!映画(および、allcinema ONLINE)の情報によると、トッド・ブラウニング監督の『フリークス』は1932年制作で、原題はFREAKS、NATURE'S MISTAKES、あるいはTHE MONSTER SHOWであるらしい。

詳細は次のURLを参照
https://movies.yahoo.co.jp/movie/4260/

 

【感想】
上記URLの「解説」には「失神者が続出」や、「妊婦が流産」、「問題作」といった過激な言葉で紹介されており、さらに「古典ホラー」という文字まである。
しかし、この映画は決してホラーではない。
たしかに「本物の奇形・異形の人間」つまり身体的に特徴のある人々が多数登場するが、その外見から、この映画をホラーとするのは差別でしかない。
むしろ、本作品は、例えば小人のハンスをはじめとする登場人物たちの美しく人間味のある心遣いと、美女クレオパトラをはじめとする悪役たちの欲にまみれた醜い感情との対比が映える人間ドラマだと感じた。

 

本作品を見ると、おなじく身体的に特徴のある人々が登場する『グレイテスト・ショーマン』とどうしても比較してみてしまう。
グレイテスト・ショーマン』の音楽などは素晴らしかったが、物語の展開的に主人公の性格(たとえば、今までサーカスを一緒に作り上げてきた仲間を見捨てて人気女優と興行するところ、など)にどうしても違和感を感じてしまい、素直に主人公に共感することができずにいた。最終的に、主人公は今までの仲間たちとヨリを戻して奮闘するという。


ぼくは「フィクションなんだから何でもアリ」だと基本的には考えているが、人間心理だけはたとえフィクションでも嘘をついたりご都合主義的に展開させてはいけないと思う。そうでないと、登場人物たちに共感できず、その行動の理由も納得できなくなってしまうからだ。
この点、『フリークス』は心理描写はしっかりとしており、各々の登場人物の心理やそこから発生する行動が納得できるものとなっている。制作された年代的に映像や音質のクオリティは確かに劣るが、そのように登場人物が活き活きとドラマしているからこそ、今に伝えられ続けている映画なんだろうと思う。

 

話がとびとびになったが結論からすると、『フリークス』は人間ドラマにあふれ、見る価値のある素晴らしい映画だった。