しじみの貝がら

テキトーブログでこんにちは

雑文

ちょっと気を抜くと数か月単位で更新を忘れてしまう本ブログ。

NSFW用にFC2ブログを立てたものの、立てたら立てたで何を書こうかと迷う始末。

 

ところで、最近比較的多めに食べ物関連についてツイートしている。まあ、特別何かワケあるわけではない。が、せっかくなので自分が最近美味しいなと思っているものをいくつかピックアップしてメモ書き程度にここに残しておこうと思う。

 

二郎系

まず僕はラーメンが好きだ。特に最近は二郎系にハマっている。なお、二郎には一度も行ったことがない。

二郎系ではトッピングが可能な場合、基本的に野菜マシのアブラ(多め)[=背アブラのこと]を頼んでいる。ニンニクは入れない。一度ニンニクを多めに頼んだら気分が悪くなったためだ。ニンニクをマシとかマシマシをガツガツ食べ進めている人の胃袋はどうなってるんだといつも思う。ニンニク自体は大好物なので素直にうらやましい。カラメ[=味の濃さのこと]にもしない。二郎系に行っといてアレだが、一応塩分に気にかけているためだ。そもそも二郎系はどこも十分に味が効いている。野菜マシによって大量に盛られたモヤシから出てくる水分で程よい具合になる。

二郎系ラーメンの嗜み(?)として「天地返し」、つまり盛られた茹で野菜にスープを染み込ませるために野菜を麺に被せるようにひっくり返すというのがあるが、野菜マシにもなるとひっくり返すだけのスペースが丼ぶりにはない。なので僕はちょっとずつ野菜をスープに浸して食べ、ある程度食べ進めたところで麺をすする。なお、この時点で天地返しをしてもよいだろう。二郎系は大体極厚チャーシューがついてくるかと思うが、これを最後のお楽しみと残しておくとキツくなる。あまり味の染み込んでいない野菜と一緒にいただくのが自分のお気に入りだ。

自分としては家系の濃厚かつコッテリな味わいも好きだが、ガッツリ食べたいとなると二郎系に分がある。そして食べ終わったら、「食べすぎた…」となってもう二度と食べたくなるほどだが、そんなことはない。お腹が空けばまた食べたくなるような中毒性がある。

 

業務スーパー

業務スーパーの素晴らしさはクチコミやマスメディアで散々喧伝されている。そして自分もこのスーパーの魅力に遅まきながら気付いたというわけだ。

やわらか煮豚

業務スーパーに行ったらぜひ「やわらか煮豚」という食品を買ってみてほしい。なんだか、二郎系の話と似ているなと思いつつも話を進めるが、この煮豚、恐ろしく美味しく、それでいてリーズナブルなのだ。以下のサイトによると、600グラムで460円(税別)だ。

https://foooood.jp/blog/3482

業務スーパーで460円というとそこまで高くないのではと感じるかもしれないが、100グラム単位で考えると100円以下で調理済みの豚肉が食べられるのだからやはり安い。

しかも安いだけでなく美味しい。少しだけピリ辛で甘いタレは肉の中まですっかり染み込んでいて、脂はトロトロで甘い。

1パックで煮豚の塊が3つから4つほど入っているのだが、その塊1つだけでご飯2杯は食べられそうな勢いだ。

 

おわりに

二郎系も業務スーパーの「やわらか煮豚」も食事にボリュームを求める人に打ってつけだ。どちらもウッカリするとついつい食べ過ぎてしまう。忍耐力が試される食べ物である。